(感想)月が綺麗な夜だった。

Posted in 第5回Text-Revolutions

0 Comments

 レポートは書いていませんが先日第5回「Text-Revolutions」に一般参加してきました。カテゴリ名を「テキレボ5」にするべきか迷いましたがText-Revolutionsという字面が好きなので様子見します。

 こちらの「月が綺麗な夜だった。」は委託で頒布されていました。
 紫色とグラデーションの鮮やかな表紙に一目惚れしたのと、主催の萌芽つゆり様の「メリー・メロウ・アンド・ワロウ」という作品が好きで、他の著作も読みたいと思っていたのでお迎えしました。他にも理由はあるのですが、それについては後述します。
 タイトルの通り、収録作品は「月が綺麗な夜だった。」という書き出しで統一されています。書き出しを決定して、次にどんな言葉が生まれるのか……言葉が生まれる瞬間に立ち会うのって面白いですよね。それまで思いつかなかった言葉が自然に浮かんできたり、既述の言葉に縛られて悩まされたりするのは楽しいと思います。
 それでは感想は追記にて。
 作者様のサイトのリンクについては、後書きを参考にしています。


続きを読む »

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。