(感想)短編集 サリーとアンの秘密

Posted in COMITIA115

0 Comments

 サリーとアンと聞けば「誤信念課題」を思い浮かべる方が多数いらっしゃると思います。「誤信念課題」、いつぞやの仰天ニュースで取り上げられていましたね。
 あの課題、最近話題のマジシャン新子さんだったらボールを入れる時に予め仕掛けをしておいて、一発で当てるんじゃないかと思います。(サリーがどこを探すかだって言ってるだろ)

 余談はこの辺で切り上げるとして、『短編集 サリーとアンの秘密』は件のサリーとアン課題に焦点化した作品というわけではありません。短編集ですが一つ一つのお話の長さはほぼ掌編なので、少ない時間でもじっくりと物語を楽しむことができます。
 そしてそしてそして表紙もとても素敵なのですよ~。サリーとアンが可愛いのは勿論、背景の青色もまた美しく、スペースで実際の御本を拝見した時の眩しさと言ったら、こんなオイラが触れていいものなのか分からず拝観料だけ払って立ち去るべきか迷いました。いや、本当に。可愛い表紙の本って自分なんぞが手にとって良いのか迷うんです。

 我も表紙を拝みたい! という方は作者様のサイトから特設ページに移動できますのでこちらからどうぞ。試読もできるみたいです。
 詠野万知子様のサイトはこちら→Little Curly



続きを読む »

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。