(感想)壊れた私と、彼女の殺人

Posted in 文フリ&COMITIA116

0 Comments

 5月の文学フリマで手に入れた御本の感想を今更ながら書きます。
 元々遅読であるのに加えて継続的に余裕のない時期が続いたのでこんなことになってしまいました。これでも早い方です。


 前置きはそれくらいにしておいて、本題に移ります。

 こちらの『壊れた私と、彼女の殺人』はジャンプ小説新人賞の最終選考候補にも挙がった実歴のあるそうで、私はそういう審美眼の類を持っていないのですが、ストーリーの濃厚さと読みやすさが響き合っているような印象はありました。

 comicoにて連載されているみたいなので、気になる方はそちらで読んでみたらといいと思います。この間リニューアルされていたけれどノベルの方は特に影響がないみたいなので。(リニューアルの煽りを受けたガラケー民)


 作者様がサイトをお持ちのようですが、奥付にツイッターのIDが記載されていたのでそちらをリンクさせて頂きました。

 いずみさや様のアカウントはこちら→@saya_works


続きを読む »

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。