(感想)さくらしべふる

Posted in 文フリ&COMITIA116

0 Comments

 昨日(1月11日)が非常に寒く、春が恋しくなったので温かそうな小説を読みました。この冬は暖かい日が多くて甘やかされていた感があるのでつらいです。今日は割と暖かかったような気がするのですが、すれ違った女子大生が「今日なんでこんなに寒いの!?」と喚いていたので私の感覚はおかしいのかもしれない。

 こちらの『さくらしべふる』という作品ですが、「ちとせの春」と表題作は作者様のサイトで読めるみたいなので気になった方はそちらでご覧になるのも良いかと思います。でも「後日譚」って言われると前日譚や本編が気になるじゃろ???(購買意欲を煽るのが下手)

 作者の青柳朔様のサイトはこちら→ツギハギノクニ


続きを読む »

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。