(感想)羽人物語

Posted in 文フリ&COMITIA116

0 Comments

 この記事を書き始めたのが、丁度『羽人物語』をお迎えしてから一年くらいの時期にあたります。一年が経過してしまいましたが、文フリのカタログでお見かけして一目惚れしたのを今も覚えています。

 『羽人物語』は、「方舟」という空中の都を舞台に織り成される和風ファンタジーです。詳しいあらすじや頒布情報等は下部にリンクした作者様のサイトにてご参照下さい。
 私はこの作品の物語内容もとても好きなのですが、言説も大好きです。作者の咲祈さんの綴る言葉はとても綺麗で、さりげない表現にも美しさを感じます。咲祈さんの小説を読むのはこれが初めてなのですが、心臓を鷲掴みにされました。

 そして、イラストも非常に麗しいのですよ~。羽人の凛々しさですとか、籠の子供たちのそこはかとない艶っぽさですとか、一人一人の表現が繊細だと思います。


 本文の感想は追記に畳みました。
 作者の咲祈様のサイトはこちら→螢石


続きを読む »

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。