(感想)花と死体

Posted in COMITIA119

0 Comments

 夏風邪はナントカが引くと言いますが、今年の夏は覚えているだけでも三回風邪を引きました。熱も鼻詰まりもないけど咳だけが止まらない時期が続いたり、喉の不調を繰り返したり、典型的な鼻風邪を引いたり……。ちなみに今も風邪を引いています。馬鹿も休み休み言えという言葉がありますが、風邪も休み休み引けっていう感じですね。勢いで書いているので何を言っているのか自分でも全然分かりません。

 そういうわけで風邪の合間を縫って先日読了した本の感想を書きます。
 コミティア119でお迎えした『花と死体』という作品です。不穏なタイトルにどきどきしますね。黒い背景に可愛らしい女の子が二人、という奇妙なバランスを呈している表紙がハイセンスでとても好きです。
 表紙の画像は、あらすじや押えどころと併せて作者様のサイトでご確認下さい。


 作者の捺様のサイトはこちら→あの星に手がとどく


続きを読む »

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。