(感想)夜の底に沈む子ら

Posted in COMITIA120

0 Comments

 フロッケリプカ様から発行されている「ジランドールの灯り守」シリーズの第三巻、『夜の底に沈む子ら』の感想です。
 2017年11月の現時点で、こちらの三巻まで刊行されています。
 詳しい世界観等は作者様のサイトからどうぞ。この記事の下部にリンクを貼らせて頂いています。

 特設サイトから表紙を拝んで頂いたらわかると思うのですが、左側の女の子がべらぼうに可愛いと思いませんか。菫色の瞳も綺麗だし髪の流れも美しいし衣装も可愛い……。容姿がとても私の好みです。しかも自律人形だから立場的にはお姉さんなんだよなあ。最高じゃないか……。
 他にも鮮やかな空や緻密に描かれた向日葵とか、アルエットとロッテの瞳の色とか、着彩がとても綺麗で大好きです。こちらのシリーズは表紙も含めて毎回楽しみにしています。
 是非ご覧になってみて下さい。

 作者の市井一佳様のサイトはこちら→flockeripuka


続きを読む »

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。